チャーリーの命日。

b0326743_16020091.jpg


今日はチャーリーの命日。


脱衣場でいつも僕のお風呂上がり待ち、夜はひたすら僕の膝の上でご機嫌になり、

朝起きれば一番最初に顔を見せてくれていたチャーリーがいない生活も一年が経ちました。


それまで当たり前だった光景が見られない毎日は寂しいけれど、

チャーリーのお仏壇の前で手を合わせることで気持ちが少し落ち着きます。


チャーリーの写真の前にある毛玉は、チャーリーの子ども達(我が家で一緒に暮らしている4匹)の毛を集めたものです。

「チャーリーの子ども達はみんな元気だよ!」という報告の意味でお仏壇に添えています。



今日は用事を早々に済ませ、一緒に部屋で過ごすことにしました。



[PR]
Commented by pon at 2016-04-26 23:12 x
チャーリーちゃんとゆっくり過ごされましたか?
もう一年過ぎたのですね。
内藤さんにとってはお辛い一年でしたでしょうが、
色々な出会いもありましたね。
内藤さんは沢山のニャン子達に見守られていらっ
しゃるような気がします。
Commented by shugo-naito at 2016-04-29 22:35
ponさん>
ありがとうございます。

猫抜きでは語れない人生を歩んでいる気がします。
その原点とも言えるのがチャーリーとの出会いでした。

チャーリーの子どもたちとサビーヌの一生を見届けて、僕の生涯も終えた後に再びチャーリーに出会えることを願っています。
by shugo-naito | 2016-04-24 17:37 | 雑記 | Comments(2)